ホーム > 学園生活 > 学習活動の流れ

学習活動の流れ

毎朝の修養

毎朝8時30分より約15分間、教職員、全校生徒によって行われます。「教典唱和」と「生徒心得」を声高らかに唱和し、姿勢を正し心を整え調息することは、自分自身を見つめると同時に心に安らぎを得ることができ、集中力を鍛えることもできます。また、唱和を繰り返し行うことにより、社会で必要な素養を身に付けることにつながります。
毎朝の修養
毎朝の修養

午前の授業(1~3限)

午前中は一般教科を学習します。授業では学ぶ姿勢、態度を尊重し、礼儀作法を徹底して教育します。また、本校の特色の一つである「師弟一体の教育」を通じて教員との信頼関係を築き、教員の熱意により生徒のやる気に火を付け、意欲的に学校生活に臨めるよう導きます。
午前の授業
午前の授業

全員揃っての昼食(食育)

昼食は全員が揃って食べるように指導しています。規則正しい健全な食生活の実践は健全な心身の育成に繋がります。自分の食事は自分で用意し、食べ終わると周囲の友達と協力し合いながら片付けるなど自立、協力の精神を養い、基本的生活習慣と共同体感覚(愛校心)を身に付けることができます。
昼食風景
昼食風景

午後の授業(4、5限)

午後は各自の特性を生かす時間となっています。

<修身コース>(少林寺拳法コース)
少林寺拳法による武道教育を通して、強さと優しさを練成し、社会で活躍するための心構えと姿勢を養成します。各種全国大会での活躍を目指します。

修身コース

<創造コース>(自己探求コース)
生まれながらに備わっている特有の資質に気づかせ、これをライフワークにするための準備指導を行います。すでに就職している者への学習支援、就職への対応、専門学校屋大学進学に対応させた受験対策を行います。

創造コース

<学修コース>(学力養成コース)
あらゆる学びをとおして、学ぶことの本当の楽しさを知り、意味を知り、さらに追求し続ける探究心を養成します。大学進学に対応させた受験対策を行います。

学修コース

全員揃っての清掃

本校では授業終了後、当番制ではなく全員揃って清掃(作務)を行います。自分も友達も共に気持ちよく過ごせる教育環境を整えることは、自らの心を整えることに繋がります。
清掃
清掃

部活動

現在、放課後には少林寺拳法部が活動しています。

少林寺拳法部

少林寺拳法部

 

 

 

 

家庭独修型で学んでいる生徒は、日常は仕事に励みながら学習に取り組んでいます。
レポートを提出すれば、各教科担当の教員より親身なアドバイスが記入されて返信されます。
また、時間が空くと、学校に訪ねて来て、直接指導を受けることも可能です。
集中スクーリングは前期と後期に各5日間開催され、普段会えない教員や仲間たちとの触れ合いから集団性を養います。
離れていても学校からの各種通信や担任からの電話連絡、メールや手紙等により基本的生活習慣の指導や進路指導が可能となっています。
家庭独修型
家庭独修型