ホーム > 学園生活 > 教職員のよしなしごと

教職員のよしなしごと

本校の教員がつづる日常

禅林学園高等学校の熱血教員がリレー形式で日記をつづっていきます。
生徒への思いや、感じたことなどを思い思いに執筆していきます。
随時アップしていきますのでどうぞご覧ください。

今週中にも梅雨入りかな・・・と思われる今日この頃。

綺麗な紫陽花を頂いてきました。
ロビーが、ぱっと明るくなりました。

さっそく生徒が、「綺麗なあじさいですね」と声をかけてくれました。
「あじさいって漢字で書ける?」
「え!?漢字があるのですか?」
そんな会話をしながら私の頭の中は、アジサイ、あじさい、アジサイ・・・・・???
どんな漢字だったっけ・・・?

梅雨といえば、アジサイ。
アジサイといえばカタツムリ。
そんな光景この何年か見えていない気がしますが、機会があれば探してみたいです。
ちなみにカタツムリは、漢字では蝸牛。こう書きます。
む、むずかしい・・・。

4月10日から一泊二日で集団宿泊学習がありました。
通学1年生は、入学してすぐの集団での寮生活を体験でき、
寮生にとっては普段いない通学生との寮生活での交流。
この宿泊学習を通して、仲良くなり、学校とは違った一面を
発見できたと思います。これからもたくさんの人と関わり、
人間関係を深めていってほしいと思いました。

昨年、桃陵公園で花見をして一週間後から、今の職場に就いてはや一年!
そろばん世代の私には、パソコン相手の会計業務は初心者でしたが、一年経ってなんとか慣れてきました。
生徒で言えば2年生です。ますます業務に励みたいと思う今日この頃です。

ここ最近の曇天で、今が見頃の桜の写真を撮るタイミングがなく・・・・・
今日、やっと晴れ間がのぞいたので、写真を撮りました。
ここは多度津駅から、学校までの間にある多度津町役場横の「桜川」です。
みんな「さくらがわ」と呼んでいますが、橋には「さくらかわ」と!!初めて知りました。
まさに桜と川!! さくらかわです。
振り返ると、桜と柳の木のコラボ。
なんとも風情があります。

写真を撮っている時、通りすがりの方に声をかけられました。
「きれいねぇ。。。♡」
おもわず、「ありがとうございます~(*^_^*)」
のどかな町、多度津町です。

 2016-11-6
瀬戸内国際芸術祭でにぎわいをみせている多度津町の高見島ですが、いよいよ最終日となりました。
秋会期の期間、多度津駅や港の近くなど、帽子を被りリュックを背負った人たちをたくさん見かけました。島に渡ってからの移動手段は、徒歩が基本のようです。
11月6日(日)、本校からは5名の生徒がボランティア活動として、芸術祭のお手伝いをしてきました。
仕事内容は、展示場の受付や案内です。最終日ということもあり、船が着くと同時に多くの観光客が押し寄せて来たそうです。
参加した女子生徒は、
「とっても楽しかった~。お客さんに、説明が上手だねって褒められた~」と報告してくれました。
みんなとてもいい経験が出来たようです。

 
 
2016-10-2310月23日は禅林学園高等学校の地元、多度津町において多度津フェスティバルが開催されました。
駅前のメインストリートは歩行者天国となり、獅子舞やダンス等のイベントが盛大に開催されました。
町の真ん中を流れる桜川では、川下りが行われ、本校の生徒もボランティアとして参加し、救命胴衣
の着用や船への安全な乗り降りのお手伝いをさせていただきました。
お手伝いさせていただいたことが町の多くの人の役に立ち喜んでいただける。嬉しいですね。

2016-10-1510月15日(土)、サンポートホール高松において第64回全国高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会香川県予選会が開催されました。

 県内の定時制高校、通信制高校から14名が参加し、定通高校生の青春メッセージを発表しました。本校からは家庭独修型学修コース3年藤本 雄紀君が「働きながら学ぶこととは」という題目で発表しました。

 毎日、忙しく働く中において、学校と仕事の両立の難しさ、また何のために学習をするのかについて堂々と発表しました。藤本君は発表の最後に、「世のため人のために役に立てる人間となりたい」と熱い思いを込めて締め括りました。発表結果は優良賞でした。

14名、様々な視点から学校生活について発表は、本当に素晴らしいものばかりでした。

 

2016-9-3010月1日から「かがわ文化芸術祭2016」が始まります。
音楽・演劇・展覧会・パフォーマンス等、様々な催しが予定されています。

禅林学園高等学校も最大の行事である「演武祭」を11月26日(土)に参加公演として、多度津町民会館にて開催いたします。
この「演武祭」は、本学園の〝人づくりの教育〟の成果を発表する場であり、今年のテーマを「同志」とし、生徒達のぬくもりを演武祭を通して感じていただければと思っています。

衣替えの季節になり、一雨ごとに涼しくなり、秋の気配が感じられるようになりました。
「ついこないだまで、けっこう暑かったのに・・」とも思いますが、長袖でも寒く感じる日もあるくらい・・・・・
まもなくそんな日が増え冬の足音が近づいてくるんだなぁと感じます。
そして、寒さとともに足音が聞こえてくるのが、風邪・インフルエンザの流行です。早ければ10月の終わりごろから流行が始まります。
毎日、手洗い・うがい、栄養バランスのとれた食事や十分な睡眠時間を取るように一人一人が心がけて欲しいなぁと思う日々です。

2016-9-28今年は「瀬戸内国際芸術祭2016」が開催されています。
ここ多度津町の高見島は秋会期(10/8~11/6)の開催地になっています。
秋会期開幕まであと10日、多度津町内には、いたるところにポスターや旗が取り付けられました。
多度津駅、多度津町役場、もちろん本校にも・・・。
多度津駅に続く歩道にも青色ののぼりが鮮やかに映えて「芸術」を感じます。
・・・と何気なく通っていると、路肩に彼岸花・・・。
        ん???   白い!!!
自然ほど面白く、不思議なものはないな・・・と実感しました。
もちろん、芸術祭も楽しみです。